<< CAMEL2年ぶりの来日!MOONMADNESS TOUR 2018☆DAY2 | main | CAMEL2年ぶりの来日!MOONMADNESS TOUR 2018☆DAY4 >>
CAMEL2年ぶりの来日!MOONMADNESS TOUR 2018☆DAY3

☆=2018年5月19日=☆

今週はCAMELにどっぷりつかる1週間だから・・休憩日の昨日は

2日間の余韻に浸りながら後半への万全な体調のために

のんびりと過ごさせていただき・・(笑)♪ ☆ヾ(*´∀`*)ノ☆

 

3日目がやって来た!!

ちゃんとした来日記念祝賀会もできないままバタバタな2日間だったので

兄と早めに待ち合わせをして、やっとおちついてイタリアンで乾杯〜♪

今日は『Meet & Greet』もないので心も身体も時間にものんびり感が漂う♪

『せっかくなので早めに会場に入って雰囲気を味わいたいね!』と

開場時刻を見計らってお店を出た・・♪

 

やはり週末!後半の2日は指定席完売!と、早い時期にアナウンスされていたが

今日に関してはすでに立ち見席も完売している!

日本にはCAMELというバンドを知らない人もたっくさんいるけれど・・

それでもこれだけ根強いファンがいるんだなあ・・!って嬉しくなったり・・♪

♪~♪ d(⌒o⌒)b ワ〜イ♪~♪

 

本国イングランドの9都市と、イスタンブール、オランダ、ポーランドや、

ドイツ、スペイン、ポルトガルなどのヨーロッパを回って

全31日間の今回の『Moommadness Tour 2018!』

そのオープニングの4公演を日本で開催とは光栄なことだなーってつくづく思う。

+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚♪ウワーイッ

 

来日直前インタビューで・・

『お客さんは温かくフレンドリーに迎えてくれるし、

日本の土地にはスピリチュアルなものを感じる。

僕の誕生日の5月17日にバースデイ・ライヴを日本で出来るのを楽しみにしているんだ♪

2016年の誕生日も日本で過ごしたけど、誕生日を祝うのにこれ以上の国はないよ(笑)』

と言ってたAndyは 日本を本当に好きでいてくれる♪

 

おとといのステージ・・自分のお誕生日のアピールなどしなかったけれど

彼の中ではしっかりと、特別な日を感じながら、噛み締めながら

演奏していたのかもしれない・・。Andyらしいなあ・・。

 

ところで・・

前回の " Ichigo Ichie " では初日終了直後、『セットリスト』なるものを求めて

舞台下に駆け込む前列の人々の動きを見てコツをつかみ・・

2日目に要領よく手に入れて兄にプレゼントしたら予想以上に大喜びしてくれた♪

 

確率が低いので失敗するかもしれないから兄には言わなかったけれど

実は今回もこっそり狙ってた・・♪

 

初日の終演後、急いで舞台の下に行った。

ステージを片付けにやって来るスタッフの誰かに声をかけるのがポイント(笑)♪

『Excuse me Sir, can I have a setlist please?』

(『すみませーん♪セットリストをいただけますか〜?』)

と声高々に丁寧にお願いする・・・♪

そしたら・・床に貼ってあったものを無造作にはがして・・ではなく、

『Sure, let me get another one for you. 』

(『オッケー!これじゃないの持ってきてあげるよ!』)

と言って舞台の裾に取りに行き、数枚手に持って戻って来てくれた!

その間に周りに人が集まって来ちゃったけど、しっかり優先的に手渡してくれた♪

『どうもありがとーっ♪♪』

 

大喜びで兄に『セットリストもらえたよ!はい、あげる!』と言うと

『えー!いいよいいよ!写真だけ撮らせてくれればいいよ・・。

せっかく自分でもらったんだから記念に持ってなよ。』と言う。

セットリストは相変わらず貴重なものらしい・・(人´∀`*).。:*+*:.。.*:+☆

だからなおさら、兄にプレゼントしたらやっぱり嬉しそうだった(笑)!よかった♪

 

ツアーのタイトルにもなっている名盤『MOONMADNESS』を

完全再現ライブの第1部に続く第2部もいくつかのアルバムから

『好き〜♪』『たまんなーい♪』『わあ〜大好き〜♪』な曲が勢揃いだ〜♪

 

2016年にはサポートメンバーとして客演していたPete Jones!

全盲とは思えないパフォーマンスが大絶賛だった!

ほどなくして彼はCAMELの正式メンバーになった。

 

1歳半の時に網膜芽細胞腫にかかり両目の視力を失い

4歳からピアノをはじめ、ギター、サックス、パーカッションなどを

身につけていったという彼の・・

神業キーボードはもちろん、澄み切った歌声のヴォーカルやコーラス

Rajazでのうっとり聞き入ってしまうメロウなサックスソロ・・

まさに天才としか言いようのない彼の存在感が素晴らしかった♪

「これはしんきょくです♪」の紹介で『Dingley Dell』という新曲の披露もあった!

Peteのメインボーカルとピアノやシンセサウンド、Andyのフルートとギター、

Denisのドラム、Colinのベースとコーラスが重なりあって広がって・・

メロディーもまさにキャメルサウンドの素敵な曲だったなあ・・♪

o(*^▽^*)o~♪

 

そして、本編最後の4曲とアンコールがなんと2年前と全く同じ構成で・・

あの大感動が今まさに蘇りながらの・・客席も盛り上がりが半端ない!!

 

Andyの泣きのギター全開な " ICE " で、すべての観衆が釘付けになり・・

アルバム 『Dust And Dreams 』から

パワフルでノリのよい" Mother Road " と "Hopeless Anger" の

ダイナミックなサウンドとともにボルテージがどんどん上がってMAXに〜っ♪

 

大興奮!大声援!の中・・

『最後の曲だよ』と、Andyが " Long Goodbyes "を紹介する。

『もお・・最高じゃん・・(´;ω;`)ウッ・・グスン・・・・』

Peteの静かなイントロにAndyの美しいフルートが響く・・

大好きなメロディ・・ボーカルとコーラスでじーんと胸が熱くなる・・

そして・・Andyの入魂のギターソロ・・今日、何度目の涙だろう(感涙)

やはり前回同様、一旦演奏が終わったと見せかけて

『どうもありがとう!』の挨拶とともに

Denisのドラムカウントで再びエモーショナルなギターソロ・・

あんな顔して弾かれちゃあ・・・みんな泣いちゃうよ・・

。・゚・(´^`*)・゚・。 ホロリ・・グスン

 

アンコールで再び登場!メンバー紹介の後・・

定番である " Lady Fantasy " のイントロが始まると

会場内は、『きたーっ!』とばかりに大絶叫の大興奮!!

15分間のこの曲はアップテンポとスローテンポが交互に訪れて感情が溢れてる!

クライマックスは、最後の音を鳴らしたままギターを高く上げ・・まだまだ鳴らして・・

4人の息の合ったドラマティックなエンディングとなる♪

 

今日は前から3列目、Andyからはちょっと左斜めの座席だった。

・・にもかかわらず、序盤からすぐに気づいてくれて何度もこちらを見てくれた。

目が合うと・・しばらく合わせたまま、笑顔を向けながら演奏してくれる。

『メッセージ読んだよ!ありがとう!』って・・伝わってきた。

 

今回の来日がアナウンスされた時のフレーズ通り、まさに・・

『叙情派プログレの最高峰キャメル、過去最大の来日公演が実現!』しちゃってる♪

またしてもの、大感動を・・ありがとう!!

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(*´-`)゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

 

残すは明日の最終日・・。

すべてが上手くいき、きっと素敵な1日になる・・!

 

 (5/19/2018)

 

『ころころこころ♪』はこちらから・・↓↓

http://ameblo.jp/gate70/entrylist.html

naomiracle70 | - | - | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Recommended Article
LINKS
OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM

qrcode
↑このサイトを携帯で見る